スウェーデンから学ぶ予防歯科ブラッシングの真髄!

スウェーデンから学ぶ予防歯科ブラッシングの真髄!

自宅,歯,ホワイトニング,リリーホワイト,最安値

 

みなさんは、スウェーデンブラッシングをご存知ですか?

 

その名の通りスウェーデンでは、常識になっている歯磨き法で、「ワンタフトブラシ」という
歯ブラシを使います。価格も財布に優しい1本辺り、100円〜400円辺りで薬局でも手に入ります。

 

あまり聞きなれない名前ですが、歯を磨くときに、どうも奥まで磨けていなかったり、歯医者で検診を受けると「もう少し丁寧に磨きましょう」と言われるときにおススメなのが、「ワンタフトブラシ」という小さな歯ブラシです。

 

歯ブラシの先が特殊な三角毛になっていて、その形状で通常の歯ブラシでは届きにくい奥歯や、磨き残しになりやすい部分にまで届き、虫歯予防や口内環境を整えることができます。

 

実際に、もっとも効果的な方法は、先が三角毛になっているワンタフトブラシで2分ほど磨きにくいところを意識しながら磨き、その後は、普段使っている歯ブラシで1分ほど磨きます。

 

合計3分で効率よく、歯垢除去効果も高まります。

 

ただし、ワンタクトブラシを使い際に気を付けておく点が何点かあります。

 

・歯と歯茎の間をしっかりなぞるように磨く

 

・柔らかめのブラシで優しくなぞる

 

実は、日本の6割は、強く磨き過ぎていて、歯の表面を傷つけている可能性があると、言われています。ゴシゴシ洗うとしっかり磨けているような気がしますが、歯ブラシをあてる感覚で小刻みに動かす方が効果があります。

 

・ブラシの先を歯をきちんとあてて磨く

 

・ブラシを奥から手間に?き出すように磨く

 

以上のことに注意して磨くことで、通常の歯磨きで磨き残した、50%を磨き残しのない状態に近づけることが出来ます。

 

また、歯だけではなく、歯を支えている歯茎が悪くなってしまうと意味がありません。歯ブラシ後に軽く指でなぞるようにマッサージをして、血行を促進することで、歯茎のトラブルを大幅に減らすことが期待できます。

 

そして、最後に歯磨き後のケアとしてリリーホワイトを使うことで、さらに健康な歯と歯茎を維持できます。

 

リリーホワイトの容器はスポイドタイプになっていて、歯ブラシにもつけやすいです。

 

液自体にとろみがあって、しっかり歯ブラシに着いて、垂れる心配もありません。

 

リリーホワイトを使うなら、

 

1.強く磨きすぎない

 

2.歯茎への心配りもしっかりと

 

3.歯磨き後にケアもしっかりと

 

ただ、数回するだけでは、ホワイトニングの効果は期待できません。

 

また、白くなっても使用を辞めずに継続していくことで、日々蓄積していく汚れを早いタイミングでケアできます。

 

ブラッシングも含めて、いかに継続するか、続けられるかが、笑顔が素敵で自信をもって人と接することができそうですね。

 

トップページへ
リリーホワイト 詳細はこちら←←ここをクリック

 


このエントリーをはてなブックマークに追加